MasterCardのANAカード

2014.2.28|マスターカード

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

マスターカードANA

三井住友カードの発行なので基本的にANAVISAと同じスペック。マスターカードを選ぶかどうかは好みの問題だ。一点だけ注意したい違いはプレミアムカードはマスターカードでは発行されていないことくらい。

MasterのANAカードの概要

国際ブランドがMasterCardのANAカードには、ANAマスター一般カード、ANAマスターワイドカード、ANAマスターワイドゴールドカードの3種類があります。
ANAマスター一般カードの年会費は2100円、ANAマスターワイドカードの年会費は7612円、ANAマスターワイドゴールドカードの年会費は14700円となっています。
また、MasterCardのANAカードの選択可能な電子マネー機能は、iD、PiTaPa、銀聯に対応しています。
特に、中国出張が多い方には、銀聯が付帯していますと便利です。

Master のANAカードのメリット

三井住友のMasterCardには、マイ・ペイすリボというリボ払いサービスがあり、このサービスに登録して利用すると年会費の割り引きを受けられたり、利用金額に対するポイント付与率が2倍になるというメリットがあります。
また、リボ払いは行わない方でも、カード利用明細を紙の明細ではなくウェブ明細にすると年会費が割り引きなるサービスがあります。
さらに、前年度のカード利用総額に応じてポイント付与率が上昇するボーナスポイントプログラムがあります。
この他にも、三井住友カードが提供する会員専用のネット上のモールである「ポイントUPモール」でこのカードを利用すれば、最大20倍ものポイントを獲得することも可能です。

MasterのANAカードのデメリット

MasterCardのANAゴールドカード以上は最初から10マイルコースとなっていますが、それ以外のMasterCardのANAカードは、10マイルコースへの移行手数料が6300円もかかります。
JCBの10マイルコースへの移行手数料2100円に比べても、値段がずいぶんと高く設定されていますので、これは、学生には特に大きな負担です。
ただし、年間の一般やワイドカードのANAカードの利用総額が20万円に満たない場合は、10マイルコースへ移行してもメリットがないので、デメリットとなります。
この移行手数料の高さを避けたい方は、MasterCardのANAワイドゴールドカードを取得するか、最初からJCBのANAカードを選ぶとよいでしょう。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL