楽天カード~ANAマイル還元率0.5%から最大5.5%の年会費無料カード~

2014.2.16|JCBカード VISAカード マスターカード 一般カード

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

楽天カード

楽天カードはご存知の通り年会費無料です。しかし特定の場面においては年会費が70,000円以上もするANAのプラチナカードよりも高いANAマイル還元率に化ける唯一のクレジットカードです。今回はANAマイレージ高還元率の年会費無料カードである楽天カードの魅力をお話したいと思います。

 

■ 通常のお買い物でも0.5%のANAマイル還元率

楽天カードは楽天以外のどこのお店で使っても0.5%の還元率でANAマイルを貯めることができます。

 

楽天カードを楽天以外のお見せで使った場合、100円につき楽天ポイントが1ポイントが貯まります。楽天ポイント2ポイントをANAの1マイルに交換できるので、ANAマイレージの還元率は0.5%となります。

 

■ 楽天の内の買い物なら1%のANAマイル還元率

楽天カードを楽天内で使うとポイントは倍の2ポイントが100円の利用につき獲得できます。これをANAマイルに交換すると1%の還元率になります。

 

■ ANAカードと楽天カードのマイレージ還元率比較

年会費2,000円(税別)のANA一般カードでも通常であれば0.5%のマイル還元率です。JCBなら2,000円の移行手数料を、VISAなら4,000円の移行手数料を払って、はじめて1%のマイル還元率となります。

 

上記を見ると、年会費無料でありながら、通常でも0.5%のマイル還元率、楽天内利用なら1%のマイル還元率である楽天カードがとてもお得なカードだと分かりますね。

 

■ ポイント10倍商品なら5.5%のANAマイルがたまる

楽天のヘビーユーザーの方はご存知だと思いますが、楽天内では商品よって付帯されるポイントの率が異なります。最大では10%のポイント還元になる商品があります。

 

こちらの場合だと、例えば10,000円の商品で1,000分のポイントが付いてきます。こちらをANAマイルに還元すると500マイルです。意外と大きいですね。

 

更に上記に楽天カードの倍付け分が100円で1ポイント付くので、10,000円なら100ポイント=50マイルです。合計すると550マイルが貯まることになります。

 

■ 意外と知られていない楽天加盟店でもポイントは最大5倍

楽天には、紳士服のコナカ、アリさんマークの引越社などかなり有名な会社が加盟店として登録しています。→ 楽天加盟店一覧(http://p-store.rakuten.co.jp/)

 

キャンペーンでは最大5倍の楽天ポイントが貯まるので、こちらもANAマイルに還元すれば2.5%のマイル還元率となります。

 

■ 楽天カード感謝デーでポイント3倍

元々は毎週金曜日、土曜日に行われていた楽天カード感謝デーですが、年々改悪が行われ、現在では不定期になっていますが、こちらでもポイントは3倍になります。つまり1.5%のANAマイル還元率です。

 

楽天カード感謝デー他、楽天ではたくさんのポイントアップキャンペーンをやっています。楽天ポイントアップカレンダーをこまめにチェックすればポイントも効率的に貯めることができるでしょう。

■ まとめ

ここで見てきた通り、楽天カードは年会費無料カードの中ではトップクラスの0.5%の高いANAマイル還元率を誇るカードです。

 

同じ年会費無料カードの中では、JCB EITが通常の利用でANAマイル還元率0.6%となり一番の還元率となります。

 

しかし、楽天カードの場合、ポイント10倍商品を買ったり、楽天カード感謝デー、楽天加盟店を利用することによってマイル還元率1.5%~最大5.5%というANAプラチナカードを凌ぐ還元率になります。

 

年会費は無料なので楽天のヘビーユーザーでANAマイルを貯めているという人は何はともあれ持っておいて損のないカードです。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL