ANAダイナースプレミアムカード

2014.2.24|ANAマイルの基礎知識

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

カードの詳細

ANAダイナースプレミアムカードの年会費は126000円です。
ANAカードプレミアムの中で一番高い年会費となっていますが、カード発行の際の審査も一番厳しい事で知られており、インビテーション無しではこのカードの発行はなされません。
ANAダイナースプレミアムカードには、最高1億円まで補償する国内外の旅行傷害保険が自動付帯していますが、国内航空損害保険は付帯していませんので国内の旅行傷害保険でカバーされます。
海外旅行保険のみに家族特約も自動付帯されます。 そして、国際線の航空便延滞費用補償も付帯しています。
また、ショッピング保険は、このカード利用により90日間は最高500万円までの補償となっています。

補償と待遇について

ANAダイナースプレミアムカードは、入会時や継続の際にも1万マイルものボーナスポイントが付与され、搭乗ボーナスマイルは搭乗するごとに区間基本マイレージの50パーセントがつきます。
また、プライオリティパスのプレステージクラスが付帯されていますので、世界600を超える提携空港のラウンジを無料で利用することができます。
このほかにも、ビジネスクラスチェックインカウンターの利用サービス、年中無休24時間対応のコンシェルジュサービス、コート預かりサービス、手荷物宅配サービスなどの充実したプレミマアムサービスも提供されています。
また、旅行やショッピングの保険以外にも、キャンセルプロテクション、外貨盗難補償保険、ゴルファー保険などの充実した補償もありますので安心です。

このカードのメリット

ANAダイナースプレミアムカードは、クレジットカード機能の利用で10000円ごとに1ポイントが、ダイナースクラブ リワードポイントとして付与され、この1ポイントにつき100マイルの換算で移行ができます。
年間で利用累計額100万円ごとにボーナスポイントが100ポイントさらに付与されますので、年間100万円以上の利用で100円で2マイル相当の高い換算率になります。
また、ANAダイナースプレミアムカードには、ダイナースクラブ リワードポイントで貯めたポイントの有効期限がありませんので、ポイントが自分の必要なANAマイル相当まで十分に貯まるまでじっくり貯めることができます。
また、マイレージへの移行手数料も無料となっています。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL