フライトでANAマイルを貯めるおすすめの方法

2014.3.6|マイルをためるノウハウ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

調べ事

フライトでマイルをためるおすすめの方法をまとめました。
ショッピングマイルの獲得と合わせて実践していきましょう!

一般カードよりはワイドカードがお得な理由

フライトでマイルを貯めている方で年会費をできるだけ抑えたい方には、ANAワイドカードがおすすめです。
一般カードの2倍の入会や継続のボーナスマイルが付与されることや、フライト利用ごとに付くフライとボーナスマイルも2.5倍の付与率であることを考えると、年に2回以上海外へ行く方であれば年会費の差額以上のメリットをすぐに得ることができます。
また、国内外共に一般カードよりも高額補償される旅行保険やショッピング保険の自動付帯もありますので安心ですし、一般カードには無い特典も豊富に付帯していますので旅が快適になりますのでおすすめです。

フライトで一番マイルが貯まるカード

フライトで一番マイルが貯まるカードは、ANAカードプレミアムです。
一般カードの10倍の入会や継続のボーナスマイルが付与されることや、フライト利用ごとに付くフライとボーナスマイルも5倍の付与率となっています。
また、ANAカードプレミアム会員は年会費がもっとも高いANAカードとなっていますが、会社での海外出張が多い方などは年会費以上のメリットがありますのでお勧めです。
このクラスのカード特典には、どのカードにもプライオリティパスのプレステージクラスが付帯されていますので、これは特に海外出張の多いビジネスマンには非常に大きな特典として有効活用ができます。
年会費が最も安いANAカードプレミアムは、ANA JCBカードプレミアムです。
旅行保険やショッピング保険の内容は、他のANAカードプレミアムカードと同様となっています。

ダイアモンドサービス会員で高搭乗ボーナス

ANAはフライトを利用すれば利用するだけメリットも増えるようなサービスを多く取り入れています。
ANAのブロンズサービス会員やスーパーフライヤーズメンバーになりますと、搭乗ボーナスマイルが搭乗区間の50パーセントも付与され、プラチナサービス会員には100パーセントもの付与、そしてダイアモンドサービス会員には125パーセントもの高ボーナスマイルが付与されます。
また、このサービス会員のランクが上がるたびに使用できる国内外の空港数や条件も良くなってきますので益々快適な旅になりながら、高マイルを稼ぐこともできます。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL