電子マネーでマイルを貯める方法

2014.3.4|マイルをためるノウハウ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

クレジットカードの提示

意外に多くの差が付くのが電子マネーでのANAマイル獲得。ルールがかなり細かいのでしっかりと抑えて効率的にマイルをためましょう!

電子マネー機能でもポイントを貯める

クレジットカードの利用でポイントやANAマイルを貯めることは可能ですが、電子マネーのチャージや利用でもポイントがついたりANAマイルを貯めることは可能です。
最近では電子マネー機能が付帯したクレジットカードやANAカードの種類も増えてきています。
クレジットカード機能も電子マネー機能も両方使って効率的にポイントを貯めましょう。
電子マネーへのチャージにはポイントを付与しないクレジットカードもありますので、電子マネーのチャージにもポイントを付与するクレジットカードで、ポイント付与率が高く、貯めたポイントをANAマイルへ交換できるクレジットカードを選んで使うとよいでしょう。

クレジットカードと楽天Edyを賢く使う

電子マネーには、iD、楽天Edy、QuickPay、nanaco、SUICA、WAONなどがありますが、幅広いところで利用できて使い勝手のよい楽天Edyは特に人気の高い電子マネーとなっているようです。
ANAカードの中でもANA JCB ワイドゴールドカード、ANAダイナースカード、ANAカードプレミアムのカードに付帯する楽天Edyへこのクレジットカード機能からチャージを行いますと、200円につきANAマイルが1マイル付与されますのでお得です。
こうした特典を使ってチャージしながら効果的にポイントを獲得するのもよいでしょう。

おサイフケータイでもポイントが貯める

おサイフケータイに対応しているケータイ電話のある方は、ケータイ電話に電子マネーの楽天Edy機能を持たせる事もできます。
このおサイフケータイの楽天Edy機能をチャージするために、ポイントの満額付与を行ってくれるクレジットカードを登録さえしておけば、チャージするたびにポイントが貯まり、後に貯めたポイントをANAマイルへ交換することも可能です。
また、楽天EdyにはEdyポイントプログラムがありますので、楽天Edy 200円の利用ごとにEdyポイントが1ポイント付与されます。
このポイントもANAマイルへ交換することも可能です。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL