アメックスのANAカード

2014.2.26|アメリカンエキスプレス

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

アメックスANA

ステータスが魅力のアメリカンエキスプレスANAカード。年会費がやや高めなのでアメックスにこだわりを持った方向けのカードです。

アメックスのANAカードの概要

国際ブランドがアメックス(アメリカン・エキスプレス)のANAカードには、一般カードのANA アメリカン・エキスプレス・カードとゴールドカードのANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの2種類があります。
アメックスのANAカードの電子マネー機能は、楽天Edyのみに対応しています。
アメックスの一般カードの年会費は、7350円、ゴールドカードは32550円とANAカードの各それぞれのクラスの中で最も高いカードとして位置しています。
しかし、各クラスの中でもそれぞれ価格以上の補償内容と特典サービスを提供しているカードとなっており、アメックスの一般カードでも普通のクレジットカードのゴールドカード並みの内容を提供しています。

アメックスのANAカードのメリット

アメックスのANAカードの最大のメリットは、一般カードでも空港のラウンジが利用できるサービスを付帯していることです。
さらに、このサービスは、同伴者1名も本会員と一緒に空港のラウンジが利用できるので、非常に高い人気を得ています。
このサービスの利用を行いたいが為にこのカードを取得される方が非常に多いです。
また、国内外の旅行保険は家族特約まで付いていますし、ショッピング保険からネットセーフティーサービス等まで付帯している保険の種類や補償内容も非常に充実していますので安心です。
また、ポイント移行コースに参加している期間中は、アメックスポイントの有効期限が無期限になりますので、じっくりポイントを貯められます。

アメックスのANAカードのデメリット

アメックスのANAカードは、他の国際ブランドのANAカードに比べて年会費が高目に設定されています。
その分、それ以上の特典や補償サービスを受けることができますが、年会費の高さから敬遠してしまう人も少なくないようです。
また、アメックスのポイントをANAマイルに移行するには、年間手数料として毎年6300円の移行手数料を払う必要があります。
アメックスは年会費や手数料が全体的に高めであるので維持費にもお金のかかるカードですが、それにもかかわらずアメックスを受け付けないお店も少なくないようで、こうした点もデメリットとなっています。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL