Suicaで貯めるANA VISA Suicaカード

2014.3.3|VISAカード 一般カード

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

ANAスイカVISA

電車でもマイルをためるおすすめANAカードです! 地下鉄ならソラチカカード、JRならSuicaカードと電車でマイルをためられるANAカードの一角がこのANAVISAスイカカード。

3機能付帯でANAマイルが貯まりやすい

ANA VISA Suicaカードは、ANAマイレージサービスカード、クレジットカード機能、SUICA機能が1つになったカードで、ANAカードの中でもANAマイルが貯まりやすいカードとして高い人気があります。
ANAグループのフライト利用に加えて、このクレジットカードとJR東日本が提供する電子マネーのSUICAの両方の機能を利用することからもそれぞれマイルやポイントがつきますので、効果的にANAマイルを増やすことができます。
入会時や継続ごとにANAマイルが1000マイル付与されるだけではなく、搭乗ボーナスマイルも搭乗するごとに区間基本マイレージの10パーセントがつきます。

高いポイントが獲得しやすいサービス

ANA VISA Suicaカードのクレジットカード機能を使いますと、通常1000円の利用ごとにポイント(ANAマイルが5マイル)が付与されますが、手数料6300円を支払って、2倍のポイント付与率になる10マイルコースへ切り替えることも可能です。
また、ANA VISA Suicaカードは、電子マネー機能iDの利用も可能で、こちらの利用からも1000円の利用につき1ポイントが付与されます。
さらに、SUICAのチャージでもポイントが利用額に応じて貯まります。
また、ANAカードマイルプラスの対象になっているお店や、ANAマイレージモールでのネットショッピング、そして三井住友カードによって運営されているポイントUPモールでこのカードのクレジットカード機能を利用しますと、ボーナスポイントもつきますので高い付与率でポイントが付与されてとてもお得です。

お得なマイペイすリボとウェブ明細サービス

ANA VISA Suicaカードのクレジットカード機能を使いますと、通常100円の利用ごとにANAマイルが1マイル付与されますが、リボ払いを行えるマイ・ペイすリボの利用を行うとANAマイル付与還元率が上昇し、クレジットカード機能の利用100円ごとにANAマイルが1.3マイルも高い還元率で付与されます。
リボ払いを行っている方は、こちらのカードに乗り換えて、ANAマイルを効率的に貯めてもよいかもしれません。
ただし、リボ払いは金利が高いので計画的な利用が必要です。
また、このサービスの利用登録をし、最低1回でも利用すると年会費が3分の1になり788円になります。
リボ払いをしたくない方は、ウェブ明細利用サービスへ登録をするだけで年会費が1575円に引き下がりますのでお得です。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL